借りてはいけない消費者金融の特徴

借りてはいけない金融機関には特徴があります。

 

そこで借りてしまうと永遠に利息を支払い続けるか、破綻するしかなくなります。
借りてはいけない条件は以下のようなものです。

金利が高すぎる・低すぎる

金利が異様に高いところは要注意!
金利を利息制限法に沿って設定しているところを選んびましょう。

利息制限法で
元金10万円未満の場合上限金利 年20%
元金10万円以上100万円未満の場合上限金利 年18%
元金100万円以上の場合上限金利 年15%と定められています

  • 低すぎる金利を謳っているところは要注意!

小さい貸金業者が銀行と同じような金利を提供できるなんてことはあり得ません、例えば名前も聞いたことのない貸金業者なのに、銀行並みかそれ以下の低金利を謳っていたりするところは間違いなく危ないので騙されないようにしましょう。

 

返済期間が長いところ

返済期間が長くなると、毎月の返済額が少なくなるかわりに、金利分の支払いが増えてしまい利息を含めた総支払額が借り換える前と変わらなかったり、逆に多くなってしまう場合があります。

 

借り換えを検討する際は、借入総額と金利をもとに、毎月の返済額や返済期間、返済総額、利息総額等を計算し、よく確認するようにしましょう。

 

ショッピングリボ払いなど、返済期間があるようでないような、まるでお金のレンタル料金をずっと払い続けてお金を借りているような状態にならないようにしましょう。

 

貸している方は、ほぼ永遠に利息が受け取れて儲かるばかりなので、元本を返済してもらうより良いぐらいなのです。

闇金・無登録業者

「溺れる者は藁をも掴む」と言いますが、掴んだ藁が錘に変わって自らを沈めてしまうことがあります。それが「闇金融」いわゆる闇金と世間一般に呼ばれているものです。

 

なかなか金融機関から借入ができない状態になったとしても、どんなに金銭的に困ったとしても絶対に手を出してはいけない所が闇金です。ここでは闇金がどういうものなのか、どのような手口を使っているのかを解説します。

闇金とはどのような貸金業者を言うのでしょうか?

借りてはいけない消費者金融の特徴

闇金融とは…

国や都道府県に貸金業としての登録をしなければ、貸金業は開業する事はできません。闇金は貸金業としての登録を行っていない貸金業者が多く、貸金業の登録をしていながら上でも述べた、利息制限法での制限を超える違法な高金利を取る貸金業者の事を闇金と言います。

闇金の金利は…

一般的によく言われているのが「トイチ」と言う金利です。これは貸し付けた金額に対して、「10日で1割の金利が付く」ので「トイチ」と呼ばれています。見ての通り、上で述べた利息制限法と比べてみると、法外な金利であると言えます。当初はこのトイチで貸し付けるところが多く、借りる相手の状況や借り入れる回数次第で、10日に3割の金利(トサン)、や10日で5割の金利(トゴ)などでの貸付をする場合も有ります。

怪しい広告は全て闇金

電柱や公衆電話などに貼ってあるチラシなどの違法広告では、貸金業者の連絡先電話番号は殆ど携帯電話番号が記載されています。貸金業の広告では必ず固定電話番号を表示しなければならないと法によって定められていますので、これらの広告の貸金業者は100%闇金の業者と思って間違いありません。またパチンコ雑誌やスポーツ新聞などに載っているあまり聞いたこともないような名称の貸金業者や、貸し付け条件が異様に甘い文句などを記載している所は要注意と言えます。

最近の闇金の勧誘手口

都市銀行や大手メーカー、大手消費者金融の商号やロゴを無断で使用して、あたかもグループ関連会社であるかのように見せかけ、大手企業の関連会社を装う手口が増えてきています。
その企業とは当然全く無関係で、勝手に商標やロゴを使用された企業はホームページなどで注意するように告知しています。また大手の消費者金融の名を騙ったダイレクトメールなどは闇金のものです。なぜかと言いますと、大手消費者金融はダイレクトメールでの融資勧誘を一切行っていないからです。ですからこれらを名乗るダイレクトメールは、闇金が作った偽物であると言えます。

闇金の種類

借りてはいけない消費者金融の特徴

090金融

電柱やガードレール、電話ボックスに貼ってある架空の貸金業者名と携帯電話しか記載していないチラシや広告物などの貸金業者を言います。店舗を持たずに素性が知れない業者で、ファミレスや喫茶店などで契約を交わし違法な高金利を取ります。

紹介屋

借入が出来ない破産者などに、紹介料として、借入金額の1〜3割を取り貸出をしてくれる貸金業者を紹介すると言う所です。実際には紹介屋と貸出をしてくれる貸金業者は結託していて、紹介料を取られた上に、高金利の支払いをすることになります。最悪なのは、適当な金融会社名を言うだけでそこから借入ができる保障はどこにも無い場合があります。

偽装金融

貸金業の登録をせずに登録をしているように偽装している闇金融です。電機メーカー、自動車メーカー、都市銀行などの大手企業や上場企業に酷似した商号やロゴを使用して、安心させておいて高額な金利や保証金などの名目でお金を騙し取ります。

整理屋

借金を整理する貸金業者を装って、本来弁護士が行う任意整理をあたかも交渉するように近づいてきて整理手付金という名目のお金を取られます。実際には、自分で調べられる範囲の情報(債務整理の仕方や自己破産の方法)を提供するだけで、何も交渉しないので、最終的には借金の整理がうまく出来なかったということを言ってきます。中には、任意整理をするのに実印や通帳が必要ともちかけ、現金を引っ張り出す業者もいます。

闇金の巧妙な手口

闇金の貸し出し手口は実に巧妙な罠が仕掛けられています。高金利でも実際に借入できればまだましな方で(それでも最悪なのは変わりませんが)、中には殆ど詐欺まがいの手口も存在しています。ここでは闇金が行っている手口を紹介します。

押し貸し

契約もしていないのに、勝手に銀行口座に現金を振込み「融資したから利息を払え」と、突然連絡がきます。「借りた覚えは無い」と言って入金額を返却しても、高額な金利を支払うまで、本人や家族、勤務先に脅迫や嫌がらせをしてきます。最悪な場合、返金しても「返金されていない」と偽り金利分の返済請求を続けてくる悪質な方法です。

カラ貸し

振込もしていないのに、「支払いだけ」を請求してきます。電話や郵便物、ダイレクトメールなどで「未払いの債権回収を依頼された。入金しない場合は強制に回収手段を行います。」と言ってきます。
この貸金業者は具体的な身分も明かさず、連絡先は携帯番号だけと明らかに詐欺まがいです。
この方法は相手構わず、手当たりしだいに行っているので、相手にせずに通報しましょう。

買取屋

利用者の所有するクレジットカードで換金性の高い商品を買わせ、それを換金業者に売り、換金できた現金から、買取屋が勝手に決めた手数料を取った残りの現金を利用者に渡し、利用者は少しの現金と商品代のローンを払う事になる手口です。ただし換金目的の物品ローン購入は詐欺行為に当たり、ローン中の品物は信販会社に所有権があるため、それを勝手に売ることは横領に該当し、利用者が買取屋の被害者であっても詐欺、横領の処罰対象にもなってしまいます。

債権買取金融

カラ貸しの一つで基本的にはカラ貸しと同じなのですが、手当たり次第に行うのではなく、債務がある借入先の情報を細かく調べており、「返金先の口座が変わった」などと言って現金を騙し取ったり、住所などの個人情報を知られている不安から振込んでしまったりします。
債権譲渡が行われるときには譲渡通知というものが契約した会社から必ず来るので、不審な場合は問い合わせてみる事が大事です。

システム金融

複数の闇金業者が結託して行い、まず1社が貸付を行い、返済期限が近づく頃に別の業者が借入の勧誘をします。そこで新たに借り入れてしまうと、また返済に困るころに別の業者から連絡がきます。気が付くと、短期間で多重責務者になってしまうという手口です。

自動車金融

車を担保として、法外な高金利での融資を行う闇金融です。売買・名義変更の手続だけをする場合もあり、その場合はリース契約となるため、元金と利息以外にもリース料を支払うことになります。
また査定費用や保管料といった金額を別途取られます。
返済が遅れれば売買契約が済んでいるので車を回収されてしまい借金だけが残ってしまうことになります。
駐車場のフェンスや電柱などで見かける「車で融資」「乗ったままでOK」などの看板で勧誘しています。

信用屋

借入の際に、「今の信用状態では融資できないので、信用を作るために先に10万円を振込めば50万を18%の低金利で融資をします。振り込んだ10万円は後で返します。」などと言い現金を振込ませ、融資は行わずにそのまま現金を騙し取る業者です。

借金地獄にならないための方法

公的な借入制度をご存知ですか?

 

借りてはいけない消費者金融の特徴

消費者金融に申込むことも出来なくなって、闇金から借りるしかもう打つ手が無いという場合になってもヤミ金には絶対手を出さないでください。
最後の手段として、生活福祉資金貸付制度という公的な借入制度を利用する方法が残っています。
この制度は、必要な資金を他から借り受けることが困難な世帯に対して、国が生活を立て直すまでに必要な資金を融資してくれる制度です。
原則、保証人は必要ですが、保証人なしでも融資してくれ、金利も保証人がいればなんと無利子で、保証人なしでも年1.5%という低利で借入することができます。
>>生活福祉資金貸付制度の詳細はこちら

もしも闇金で困っているなら

闇金融は悪質な貸金業の専門家と言えます。いわゆるプロです。素人のあなたがどう足掻いたとしても太刀打ちできる事はありません。
費用は掛かりますが闇金に悩んでいる方は専門の法律事務所や司法書士に頼ってみては如何でしょうか?
不当な闇金の返済請求や嫌がらせなどが続く事を考えれば、闇金専門の法律事務所や司法書士への一時的な出費の方がまだましだと思います。
プロにはプロで対抗する事が解決に向けての最適な手段と言えます。