クレジットカードのショッピングの枠を現金化してはいけません!

クレジットカード.現金化

カードローンを使おうとして申し込んだけど審査に通らなかった。だけど現金を今すぐ手にしたくて困っている!そんな時クレジットカードのショッピング枠を現金化できる方法があるって聞いた。幸いクレジットカードは持っているしショッピング枠もある。つい安易な方法に手を出してしまいがちですが、ちょっと待って下さい!それはクレジットカード会員規約に違反する行為でどんなに困っていてもやってはいけないことなんです!

ショッピングの枠を現金化することはクレジットカード会員規約に違反

クレジットカードとは、商品やサービスを購入してお金を後払いにする「ショッピング」の機能と、お金を借り入れる「キャッシング」の機能があります。それらの機能には、利用できる金額がそれぞれ設定されていて「クレジットカードショッピング枠の現金化」とは、商品やサービスを後払いするために設定されている「ショッピング」の利用可能枠を換金する目的で利用することを言います。換金目的でカードを利用することは、「クレジットカード会員規約」に違反する行為で、クレジットカード会社はこれらの行為を認めていません。

クレジットカードのショッピング枠を現金化する広告は無視

インターネットや新聞・雑誌等で「クレジットカードのショッピング枠を現金化します」などの広告を目にしたことはありませんか?。これらは、一部の業者が当座の資金に困ったカード利用者に、ショッピング枠を現金化するように勧誘するためのものです。もしこのような業者を利用してしまうと、カードが利用停止になってしまったり、逆に賃貸し業者から借り入れるよりも高い利率を背負い込む事にもなり、債務を増やすことになりかねません。最悪な場合は、業者に渡したカードの個人情報を悪用されたり、犯罪や思わぬトラブルに巻き込まれるケースもありますので絶対に手を出さないようにしましょう。

良くある現金化の手口
物品を買わせて現金化

広告を貼っている業者の中には、クレジットカードのショッピング枠内で商品を購入させ、その金額の何割かをキャッシュバックしたり、商品を返品する代わりに購入金額の何割かを引いた現金を振り込むと言う方法があります。

  • 換金出来そうも無い価値の無い商品をショッピング枠内の40万円で販売して、30万円をキャッシュバックして現金化。
  • 商品を40万円購入させてすぐに返品させる、その代わりに現金30万円を返金、しかし40万円の支払い義務は残ったまま。
  • 商品を買ったが現金を渡してもらえず購入金額の支払い義務だけが残った。(これが一番最悪なケースですね)

上2つのケースでは、すぐにある程度の現金は手にすることは出来ますが、購入金額の40万円のクレジットカード決済義務は残ったままですので、カード引き落としの期日までの期間に10万円の利息を背負う事になってしまいます。これは貸金業者に法律で定められている金利よりも高いのは、一目瞭然と言えます。

チケットを買って現金化

これは昔からある方法ですが、新幹線などの乗車券を購入して、金券ショップに売って現金化する。
これは利用する人が多いため、カード会社も厳しく警戒していて、1回買っただけでもクレジットカードが利用停止になることがあります。最近ではアマゾンのギフト券やitunesカードをクレジットカードで購入して、買取業者に買い取ってもらい、現金化するやり方が増えているようですが、利用者が増えるに従ってカード会社も警戒していて、厳しく監視されているようです。インターネット上での買い物で数万円をクレジットカードで利用するのは自然ですが、ギフト券を1度に5万円・10万円という金額でクレジットカードで購入するのは一般的に見ても不自然ですしで購入するのはカード会社から見ても不自然です。

困ったときには公的借入制度を利用しよう

生活福祉資金貸付制度という公的な借入制度を利用する方法をご存知でしょうか?
この制度は、必要な資金を銀行や貸金業者から借り入れる事ができない人に、国が生活を立て直すまでに必要な資金を融資してくれる制度です。
原則、保証人は必要ですが、保証人なしでも融資してくれ、金利も保証人がいればなんと無利子で、保証人なしでも年1.5%という低利で借入することができます。
>>生活福祉資金貸付制度の詳細はこちら