総量規制の対象外となる借り換え|但し条件も有

借り換え専用のカードローンは、使途自由のカードローンで借りられなかった人も、審査に通る可能性はあります。これは借り換えは新たな借金をするわけではなく、すでにある債務を別のところで借りて返済して、新たにそこに返済していくという返済目的だけの借入だからです。ですから、普通のカードローンで審査が通らなかった人も相談してみるべきです。

ただし、銀行の借り換えローンやおまとめローンでは借りられない場合もあるでしょう。その場合貸金業者の借り換えローンに申し込みをするわけですが、貸金業者は総量規制がかかりますので、多くの借入がある場合、総量規制にかかってしまい借りられない事もあります。
ただし、総量規制には例外と言うものがあり、借換え目的で借りる場合、総量規制の例外として扱われます。
ただし借り換えには条件もありますので、それをしっかりと確認しておきましょう。

消費者側に一方的に有利な借り換えでないと認められない

返済をよりし易くするための借り換えですから、そうでない場合は、総量規制対象外の借換え目的の借入とは認められません。
では、一方的に有利な借り換えとはどかな借り換えでしょうか?まず、借り換えによって金利が下がったり、総額が下がったりすれば、借りる側(消費者)に有利になるわけですから、当然OKなわけですが、以下のような場合でも、有利な借換えとして、総量規制の例外として認められます。

総額が増えてもOK

金利の低いところに借り換えても、返済を楽にするために、返済期間を延ばした場合、それまでの総額よりも借金が増えることになる場合もありますね。

しかし、金利が下がることは借りる側にとっては当然有利なこととされるので、総量規制の例外の借換えとして認められます。

金利が下がらなくともOK

借り換え前よりも金利が下がらず、債務も減らない場合でも、返済期間を長くするなどして、月々の返済金額が減る場合は、借主側にとって有利という判断になり、これも総量規制の例外として借り換えが認められます。

貸金業者での借換えでも返済が楽になる可能性がある

この上記のことから、銀行では審査が厳しくて借りられない、貸金業者では総量規制で借りられない、という八方ふさがりの人でも、貸金業者で借り換え専用で借りる様にすれば、総量規制の例外になるので借り入れることができますね。

貸金業者だと金利は銀行より高いので、あまり返済が楽にならないと思うかもしれませんが、一か所で借りたほうが借入金額が高くなりますので、金利制限法で定める制限が低くなるため、上限金利で設定していることが多い貸金業者でも、小口で借りているよりも金利が下がる事になります。ですから、3社から借りていて、新たに別のところで借り換えをしなくても、借りている一社にまとめるて借り換えるだけでも金利が下がる可能性があります。
また、総額が増えれば、返済期間を長くできる可能性も増えますから、月々の返済額が減らせる可能性も大きいわけです。