知名度のある大手が安心

「3%台〜14%台」のところは、低金利と呼んでいいのではないでしょうか。
ちなみに、「4%台〜18%台」という金利の設定はよくあります。
金利の低さで言えば、銀行が低い金利を設定しています。
とくに、銀行は総量規制の対象外ですから収入に応じた借入額の規制がありませんので借り換えにおすすめです。
(総量規制を超えて審査に通るのは年収が少ない人はやはり無理です。)
また、銀行でない貸金業者でも、大手の貸金業者のカードローン(アコム、プロミス、モビットなどは銀行グループの消費者金融です。)であれば、違法な取り立てなどは心配ないですし、親切に相談に乗ってくれますので、安心です。
貸金業者は、総量規制の対象となりますが、借換えのための新たな借り入れは、総量規制の対象外となりますので、金額で制限されることはありません。(審査は金額が重要ですが)

借り換え、おまとめに積極的なところ

借り換えやおまとめのプランを積極的に宣伝しているところは、借り換えに積極的で、顧客を増やしたいということです。
こういうところは貸し渋りをしませんので、他の消極的なところと比べると、審査ハードルが低かったり、窓口への来店不要、即日申込みが可能であったりと利用者にとってメリットがあるところが多いです。
また、いくつかのネット銀行では、カードローンの申込みやカードローンの利用(返済等)でポイントが付くシステムがあります。
金利やその他の条件が同じであるなら、ポイントがついたほうがお得です。
入会特典があるカードローンはいくつかありますが申し込みをするサイト限定・期間限定などの条件が随時変わる場合がありますので充分確認した上で利用するようにしましょう。
カードローンはたいていのものは借り換えやおまとめにも使える設定になっていますが、おまとめ専用の銀行のカードローンも存在します。たとえば、
「東京スター銀行おまとめローン」「東京スター銀行のりかえローン」といったようなものです。ただし、専用のローンは追加の借入はできないので返済のみになります。

繰り上げ返済手数料がかからないところ

カードローンは基本的に、毎月自動引き落としですが、余裕ができたならば、積極的に繰り上げ返済したほうが得です。
元金が減れば利息も減って、トータル返済額が減るわけですから、はやく返済できますし、お金も残ります。
ただし、いつでも手数料なしで返済できるローンばかりとは限りません。決まった時にしかできないとか、繰り上げ返済に手数料がかかるなんてローンもありますので、注意しましょう。
また、繰り上げ返済にも、一括返済はできるが一部返済はできないというものもありますので、いつでも、いくらでも返済ができるほうが便利です。
契約をする前に、そのことは確かめるようにしましょう。
借換やおまとめ専用でない、一般的な極度型の銀行のカードローンならば、とても自由度が高く、金利も低くなりお得です。