借り換え専用のおまとめローン活用できる。

おまとめ専用ローンとは?

おまとめローンとは複数の金融機関から借入を、できるだけ金利の低い一つの金融機関にまとめて借金を一本化しようという目的で使うローンのことです。ここでは、借換え専用に使える「おまとめローン」としてお話をします。

一般のカードローンとはその性質がかなり違います。おまとめ専用(借り換え専用)ローンと極度型のカードローンとの比較をしておきましょう。

おまとめ専用借り換え専用ローンのメリット

一般のカードローンより審査に通りやすい

借換え専用のローンは、すでにある債務の分だけの借換えになり、新たな債務の発生ではないので、限度額内であれば追加で借りられるカードローンよりも審査に通りやすくなります。
もちろんだからと言って、すでに返済能力を超えるような借り入れをしている人が審査に通るというわけではありません。

返済に集中できる

債務の返済だけにしか使えないので、あると使ってしまう人には余計な消費を招く恐れが少ないので、今ある債務の返済に集中することができます。

顧客に一方的有利となる借換えは総量規制の「例外」扱いになる

総量規制とは「年収の1/3を超える借入はできない」と言う規制ですが、おまとめローンは「顧客に一方的有利となる借換え」に当たりこの規制を受けません。
たとえば、年収300万円のAさんが、貸金業者B社から50万円、貸金業者C社から50万円を借りていました。総量規制では年収の1/3である100万円を借り入れているので、これ以上他の貸金業者からの借入は出来ない事になっています。しかし「顧客に一方的有利となる借換え」では、より低金利のローンが組める貸金業者D社から100万円を借入れる事が出来て、新に借り入れた100万円でB社とC社のローンをまとめて完済して、低金利で借入をしたD社のみを返済することが出来るわけです。
これが借り換えで利用できる「おまとめローン」の基本的な方法です。

おまとめ専用借り換え専用ローンのデメリット

金利は少し高くなる

一般のカードローンよりも少し金利が高くなることがほとんどです。
もし使途自由のカードローンが借りられるのであれば、そのほうが金利は少なくなると考えられます。

急な出費でも追加で借りられない

一般の極度型カードローンであれば、月々の自動引き落としで返済が続いていても、限度額内であればいつでも追加で借りられるので急に必要な出費があった時直ぐキャッシングできますが、おまとめ、借り換え専用ローンの場合は、いくら返済しても追加で借りられることはないので、急な支出が必要な時に新たに借りられる所を探さなければならなくなります。

デメリットがあってもおまとめ、一本化が必要な理由

A社とB社に借入をしていたとして、まだ2社なので月々の支払額や支払日などは充分把握できると思いますが、これがC社、D社、E社と増えれば増えるだけ、どれくらいの金額を借りているのか解らなくなってしまいます。
そうなると、各社ごとの返済日や返済金額をうっかりと忘れてしまい返済を怠り、遅延利息金を払う羽目になったりするわけです。

そこでおまとめローンで借金を一本化!

複数のローンを一本化するだけでこんなメリットがあります!

  • バラバラだった返済日が月1日になって返済日を気にしなくていい!
  • 毎月の返済金額が一定に なって毎月の家計簿管理もラクラク!
  • 返済方法も一括で管理できるので面倒くさくなくなる!
  • 返済の合計金額が安くなるので財布に優しい!

おまとめローンの会社はどう選べばいいのか?

できれば低金利の会社を選ぶ

現在借入している業者よりも低い金利の金融機関から借り換える事が原則です。ただし、ここで気をつけないといけないことがあります。
複数の借入がある場合、金利がまちまちで、Aカードローンよりは金利は低いが、Bカードローンよりは高いなど、果たしてどちらが得なのか分からない事があります。
同じ金額の返済ならば、金利の平均となりますが、金額が違って、3つ以上あるとなると、いったい金利はどれぐらいだったら、特になるのか分からなくなりますね。
この場合、借り換えで借り入れた場合の返済額が、今の返済額よりも減るかどうかで判断しましょう。
ただし、低い金利で借り替えたとしても返済期間が長くなれば、かえって多くの金利を払わなければならなくなるりますね。ですから、理想的なことを言えば、返済期間が長くならず、月の返済金額が減るのがベストです。

月々の返済額が減ればよいという考えもある

とにかく今の月々の返済額が苦しいという場合、既に債務の限界まで来ている可能性があり、より低い金利では審査に通るカードローンや御間借り換え専用ローンがない場合もあるでしょう。
この場合、金利が同じもしくは高くなったとしても、返済期間を長くすることで、月々の返済額が少なくなればOKとすべきです。
トータル返済額が多くなっても、月々の返済が楽になれば、大きなメリットになります。少なくとも破綻せずに返済していけるわけですから。
総量規制の対象外となるにも、返済額が減れば、消費者側に有利な契約として、借り換えのための例外と認められるということもりあます。
余裕ができた分は貯蓄して、逆に返済を繰り上げることも可能になるかもしれませんから、返済期間が長くなることがデメリットと考える必要はありません。

おまとめローンは大手銀行系の金融機関で!

なぜ大手銀行カードローンをおまとめローンにお勧めするのかポイントは2つあります!

金利が安い!

消費者金融や信販系のキャッシング会社は最大金利を法定上限金利の18%と言う所が多く、銀行カードローンは金利がかなり低めに設定されています。

銀行カードローン金利の相場は、だいたい4.5%〜14.5%です

借入限度額が大きい

総量規制の対象外の銀行カードローンは「借入は年収の3分の1以内」の制約がありません。
200万円以上の借入をしたくても年収が600万円では、総量規制の対象になる金融機関(消費者金融や信販系のキャッシング会社)では借り入れる事ができないからなのです。
ただし、総量規制の対象にならないからと言って、収入が500万円未満の人が、総量規制を超える借入をするような審査には簡単には通らないでしょう。法律上の規制があるかどうかと言うだけで、銀行の審査自体は貸金業者よりも厳しいのは当然です。

総量規制とは消費者金融や信販系のキャッシング会社が個人の貸付に際して、年収の三分の一以内の貸付しか出来ないと言う規制のことです

おまとめ専用ローンで借り換える!関連ページ

カードローンの借り換えを上手く使うには
カードローンを借り換える時に、これを知っておけば上手く使う事ができます。どこでとんな風に借換えするのかってとても重要なんですよ。
借り換え審査に通るポイント!
カードローンの借り換えをする際に、審査に通るポイントは?上手な利用法を解説します!
ここに注意!選んではいけないカードローンの借り換え先
借り換えたい時に選んではいけないカードローンのについての注意点です。闇金や詐欺などもあるので注意しましょう。
ここなら安心!借り換えカードローン
カードローンを借り換える時安心して借り換えられるポイントを解説。おすすめのカードローンやおまとめローンなど。
借り換え目的ならば量的規制外だから借りられる
貸金業者からの借入でも借換え目的であれば、総量規制を超えて借りえれすることができます。ただし借換えるには条件がありますので注意しましょう。
闇金について
カードローンの借り換えをする際に、闇金に手を出すと取り返しが付かなくなります。闇金について解説します
総量規制とは
総量規制対象外カードローンは年収の3分の1以上のお金を借りる事が出来ます。その中で総量規制の対象となる借入・ならない借入があります。その違いを解説します。
借り換え先の賢い選び方
カードローンの借り換えをする際に、お得で賢い借り換え先を選ぶポイントを解説します!

オリックス銀行カードローン みずほ銀行カードローン 福岡銀行カードローン じぶん銀行カードローン