カードローンを借り換える時はここがポイント!

上手に借り換えようカードローン

借り換えとは何の目的でする物なのか?

複数の銀行や消費者金融会社などカードローンの借入や、ショッピングクレジットの借入、最近多いリボ払いになっている分の残金など、現金として借りたものだけではなく商品の購入によって追っている債務などを全て一気に返済してしまうために、その総額を新たに借りるというものです。おまとめローンとか一本化と言う言葉も使うように、借換えは基本的に、全ての債務の総額を、1カ所のより条件の良い金融機関から借り入れるというものです。

借金をまとめることのメリット

  1. 借入額が多い方が金利が下がる可能性があるので一か所で借りたほうが得
  2. 金利が同じでも返済期間を延ばすことで月の返済額が減る
  3. 支払日が1日になるとともに借入総額が把握でき、管理がしやすくなる
  4. 多重債務という精神的圧迫から解放される
カードローン借り換えのメリット

高い金利で組んでいたローンを、それより低い金利、または金利が同じでも返済期間を長くすることができれば、月々の返済額が減るので、毎月少し余裕ができ、生活が少し楽になります。
さらに、そのできた余裕分のお金を少しずつでも貯金することで、たまったお金で繰り上げ返済をして、元金を減らして更に余裕を作ることができます。

どんなローンに借り替えるの?

基本的には、銀行や貸金業者のカードローンを利用するのがいいでしょう。金利はもちろん一番高い金利で借りているものよりも低い金利のところがいいわけですが、返済期間が長くできれば、月の支払額が減るのでそれでもいいでしょう。
そのためには、現在、キャッシングやリボ払いなどで、月々どのぐらい返済しているのかを把握することが重要です。複数の借入があれば、金利も返済日も異なり、月にトータルでどれぐらい返済しているのかが把握できていない人が多いと思いますので、一カ月の銀行口座の動きを把握しましょう。その月の返済額よりも少なくなるように借り換えることになります。
一般的には銀行のカードローンの方が金利が低いので得ですが、ノンバンクよりも審査は少し厳しくなります。逆にノンバンクは銀行よりは借りやすいですが、総量規制がかかりますので、一般のカードローンではなく、借換えやおまとめ専用のローンを利用しなければならない場合もあります。(借り換え目的であれば貸金業者からの借り換えでも総量規制の対象外となります。)
おまとめや借り換え専用のローンは、銀行にもありますが、どちらも専用のものとなると、すでに借りている金額だけの借入のみの借入になります。つまり返済のみしかできず、普通のカードローンのように、限度額以内でならいつでも借り入れることができるということはなく、ただ返済していくだけになります。
(おまとめ専用ローンでないカードローンの場合は基本的に使途自由なので、借換えにも使えますし、現在の借入金以上の申込みもできます。)

インターネットを上手に使ってみよう

銀行系や消費者金融系の会社のホームページで、月々の返済額などさまざまなパターンでシミュレーションしてみることが出来ます。
また申し込みなども簡単な手続きで出来たり、お得な会員サービスなどもありますので積極的に活用してみましょう。

カードローンの借り換えを上手く使うには関連ページ

借り換え審査に通るポイント!
カードローンの借り換えをする際に、審査に通るポイントは?上手な利用法を解説します!
ここに注意!選んではいけないカードローンの借り換え先
借り換えたい時に選んではいけないカードローンのについての注意点です。闇金や詐欺などもあるので注意しましょう。
ここなら安心!借り換えカードローン
カードローンを借り換える時安心して借り換えられるポイントを解説。おすすめのカードローンやおまとめローンなど。
おまとめ専用ローンで借り換える!
カードローンの借り換えをする際に、上手な利用法を解説します
借り換え目的ならば量的規制外だから借りられる
貸金業者からの借入でも借換え目的であれば、総量規制を超えて借りえれすることができます。ただし借換えるには条件がありますので注意しましょう。
闇金について
カードローンの借り換えをする際に、闇金に手を出すと取り返しが付かなくなります。闇金について解説します
総量規制とは
総量規制対象外カードローンは年収の3分の1以上のお金を借りる事が出来ます。その中で総量規制の対象となる借入・ならない借入があります。その違いを解説します。
借り換え先の賢い選び方
カードローンの借り換えをする際に、お得で賢い借り換え先を選ぶポイントを解説します!

オリックス銀行カードローン みずほ銀行カードローン 福岡銀行カードローン じぶん銀行カードローン