借り換えにはここがおすすめ!三井住友銀行カードローン

借り換えやおまとめローンに!三井住友銀行カードローン

 

借り換え・おまとめに三井住友銀行カードローンのここがお勧め!

利用限度額は最高800万円という高限度額で、金利4.0〜14.5%の低金利。公式サイトには「借り換え・おまとめローン」としての案内はありませんが、総量規制を受けない銀行カードローンですし消費者金融と金利を比較するとかなり有利な借り換えが可能です。また利用目的は原則自由(*)なので借り換えやおまとめローンにも利用可能なお勧めのカードローンです。

(*)事業目的には利用不可

三井住友銀行カードローン概要
実質年率 限度額 審査時間 保証人 収入証明資料提出
4.0〜14.5% 最高800万円 最短30分 不要 300万円まで不要
申込資格 返済方法 インターネット申し込み
満20歳〜満65歳以下 残高スライド元利定額方式 WEBのみで完結

三井住友銀行カードローン口コミ

ATMはもちろんネットから申し込んでも即時融資は本当に助かります。
電話申込みの30分くらいの時間しかかからないスピードで、金利も低くて安心して借りれました。
わからないことは、カード裏面にあるフリーダイヤルで問い合わせが出来るので便利です。
コンビニのATMで無料で利用出来るので、借入れも返済もしやすいです。
返済もネットから自由にできるので、余裕がある時に繰り上げ返済すれば利息もそれほどかかりません。
大手銀行のカードローンなので安心感があります。

私は数件のカードのキャッシングを借換したいと思い240万の申しみをして金利は8%でした。当日にカードが発行されましたので、すぐに18%で借りていたカードのキャッシングを返済して、12.8%で借りていたローンを返済出来たので、年間の金利は14万程減少できてかなり楽になりましたね。
また、サラ金と違い、返済が遅れても連絡は当然ながらきますが、怒られるような事も全くなく、何時払えそうか優しく聞かれるだけで、また金利も低いので今回の事で、カードローンは大手の銀行の方がいい事が本当によくわかりましたね。今度からは、お金に困っても絶対に変なサラ金からは借りないようにしようと思います。

 

まだあります三井住友銀行カードローンで借り換えるメリット!

金利が低いので借り換え・おまとめローンに使える

4.0〜14.5%は銀行カードローンの中でも低金利と言えます。消費者金融との金利を比較してみても消費者金融の場合、50万円以内は最高18%で100万円以上は最高15%の金利となっていて、借入利率一覧を見ても金利の低さは一目瞭然です。さらに総量規制の対象外ですので借り換え・おまとめローンとして充分利用可能なカードローンと言えます。

契約極度額に対する借入利率一覧

契約極度額

借入利率

100万円以下

年12.0%〜14.5%

100万円超200万円以下

年10.0%〜12.0%

200万円超300万円以下

年8.0%〜10.0%

300万円超400万円以下

年7.0%〜8.0%

400万円超500万円以下

年6.0%〜7.0%

500万円超600万円以下

年5.0%〜6.0%

600万円超700万円以下

年4.5%〜5.0%

700万円超800万円以下

年4.0%〜4.5%

借入利率は変動金利です。金融情勢等により金利を見直します。

即日融資可能

申し込み方法はいくつもありますが即日融資を受ける場合は、次の2つが確実な方法です。

電話で申し込んだその日にローン契約機に行く
ローン契約機で申込んでカードを受取る

審査回答時間、ローン契約機の営業時間はどちらも9時〜21時まで(土日祝も可)ですが、審査に掛かる時間も考慮して、申し込みの時には時間に余裕を持って出来るだけ早い時間に申し込みをするようにした方がより確実になります。カードを受け取ればすぐに融資が可能となるので、住友銀行ATMや提携ATMで利用手数料無料で融資を受ける事ができます。なお、銀行窓口では原則申し込みは受け付けていません。なお、三井住友銀行口座を持っていればインターネット上の手続きだけで即日融資が可能になる場合があります。

審査にかかる時間は個人差があり、申し込む時間により審査回答が翌日以降になる場合があります

三井住友銀行の銀行口座を持っていると便利!
提携ATM利用手数料無料

三井住友銀行のカードローンは、三井住友銀行ATMはもちろん、セブン銀行・ローソンATM・E-netATM・ゆうちょ銀行などの利用頻度が高い提携ATM利用料が無料なのでとてもお得です。

口座を持っているなら「SMBCダイレクト」を利用する

住友銀行ホームページより「SMBCダイレクト(インターネットバンキング)」を申し込んで利用できるようにしておくと、三井住友銀行カードローンを利用する際に、SMBCダイレクトにログインした状態で申し込みをすれば、現在使っているキャッシュカードにカードローンの機能が追加されるので、ローンカードが発行される時間も節約でき、カード1枚でカードローンも使えるようになるので大変便利です。またインターネット上の手続きで、即日振込融資が可能です。

カードローン口座のみ契約の場合は、SMBCダイレクトは利用できません。

SMBCダイレクトで利用できるサービス
インターネットバンキング
口座引落での返済
利用状況をホームページで確認できる
自動融資(*)

三井住友銀行口座を返済用口座とした場合、公共料金、各種クレジットカード利用代金(含む年会費)、その他の各種自動払いサービスの引き落としが、その返済用口座の残高不足でできない場合に、不足金額をカードローン口座から自動融資するサービスです。

(*)ただし、以下のものは自動融資の対象外です。

  • カードローンの毎月の返済
  • 約定返済日当日の日中に発生する口座振替
  • 返済用預金口座から支払可能残高を超える預金の引き出し
  • 返済用預金口座から積立定期へ自動振替する等の預金間の振替
  • 投信自動積立による返済用預金口座からの自動引き落とし

三井住友銀行カードローン口コミ情報関連ページ

オリックス銀行カードローン
リボ払いの借換えにお勧めのオリックス銀行カードローンを紹介します。
みずほ銀行カードローン
おすすめのみずほ銀行カードローンを紹介します。メガバンクゆえの安心感です。
楽天銀行スーパーローン
おすすめの楽天銀行スーパーローンの金利や特徴をまとめてみました。他のカードローンと比較しての評判はどんなものでしょうか
じぶん銀行カードローンの口コミ情報
借換えにおすすめのじぶん銀行カードローン。特にauユーザーが借換に利用すると低金利の設定になっています。
住信SBIネット銀行MR.カードローン
借換えにおすすめの住信SBIネット銀行MR.カードローンを紹介します。
イオン銀行カードローンBIG
借換えにおすすめのイオン銀行カードローンBIGを紹介します。
三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック
借換えにおすすめの三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックを紹介します。
福岡銀行カードローン
九州・山口にお住まいの方やお勤めの方へ借り換えにお勧めの福岡銀行カードローンを紹介します。

オリックス銀行カードローン みずほ銀行カードローン 福岡銀行カードローン じぶん銀行カードローン