ここがおすすめ!カードローン 借り換え ランキング

借り換えで賢くカードローンを使いましょう

積極的な借り換え

返済に困っていないけれど、月々の返済が減ったりその他得することがある場合の乗換の場合は、銀行のカードローンが一押しです。消費者向けの使途自由のカードローン商品は各銀行が競争をしていますので、金利も低くなっていますし、所得証明不要で申込めたり、住宅ローンなどと併用することでさらに金利が下がったりなど得になるサービスを行っています。

金利の高い借入や、クレジットカードでの分割やリボ払いなど全て含めて借り換えれば、返済額が少なくなるだけでなく、色々面でメリットがあるでしょう。

防衛的な借り換え

複数の所で借り入れをしていて、返済が厳しいから何とかしたいという場合の借り換えもあるでしょう。この場合銀行のカードローンでは、審査が通らない場合もあるかもしれません。その場合は、借り換え専用のカードローンを申込むといいでしょう。借り換えや、おまとめ専用のカードローンは、銀行の商品もありますし、貸金業者のものもあります。貸金業者は総量規制を受けますが、借り換え目的に限定したカードローンであれば、、総量規制の例外となるので借りることができます。

複数の借入を1つに借換え

複数の借入がある場合、その中の1つの業者でまとめて借り換えただけで金利が下げられます。それは、借りる金額によって、設定できる金利の上限が、利息制限法で定められていて、大きな金額になるほど金利の上限が低くなっているからです。

借り換えカードローンのメリット

法定金利の上限は10万円未満ては20%、100万円未満の場合は18%、100万円以上の場合は15%となっていますので、トータルで100万円の借金があったとしても、1つ1つが100万円未満で借りている場合は、当然金利が高くなってしまうということです。だったら一か所で100万円借りてしまえば、上限が15%ですから、どんな貸金業者で借りたとしても、それ以下になるわけです。

借り換えカードローン検討の順番

銀行のカードローンで借り替え

まず最初に検討すべきなのは、銀行のカードローンです。貸金業法改正で、多くの消費者金融が消えて行った中で、その受け皿として銀行が一般の消費者のキャッシング需要を取りこむため、とても便利で使い勝手の良い、カードローンを出しています。総量規制対象外なので、200〜300万円ぐらいまでの限度額の申込みであれば所得証明不要と言うところも多く、申込が簡単になっていることもれ点ですし、貸金業者金利も低い設定になっていることがほとんどです。 また使途も事業資金以外であれば、自由なことがほとんどで、借り換えに使っても問題ありません。
銀行は総量規制の対象外ではありますが、銀行の審査が総量規制を超えていても通るというわけではないので勘違いしないようにしましょう。
借り換え専用のカードローン
既に総量規制を超え、たくさんの業者に借り入れをしている場合は、使途自由の極度型の銀行のカードローンでは審査に通らない事もあります。そんな場合は、まず返済を優先して、借り換え専用のカードローン(おまとめ専用も同じ)を利用しましょう。 借り換え目的であれば、総量規制の対象外となりますので、銀行以外の貸金業者であっても総量規制を超えた借入が可能になります。新たに借りるのではなく、今ある債務分だけを借りて返済するので、審査は新たな借入よりも通りやすくなります。
総量規制の対象外になるのは、借りる側に一方的に有利な場合というルールがありますが、月々の返済が減れば、金利が低くならなくても有利な借換えとなります。

ページ上へ戻る

カードローンの借り換えランキング

カードローンには金利の上限と下限が示されていると思いますが、たいていの場合は100万円までは、上限金利が適用されます。ですから、100万円ぐらいの借り換えでは上限金利で選ぶといいでしょう。また下にご紹介している銀行中に普段お使いの銀行があれば、申込も審査も早いと思いますのでそちらがお勧めです。
またカードローンは、使途が基本的に自由ですので、審査に通れば借換えやおまとめに利用できますが、すでにたくさん借りていて、使途中のカードローンでは審査が通らなかった場合は、借り換え専用のカードローンがいいでしょう。ただし借り換え専用のローンは、追加で借りることはできませんし、審査次第ではありますが、少し金利も高くなると思いますので、優先するべきなのは、極度型の普通のカードローンです。

当サイト一押し銀行カードローンはこちら

オリックス銀行カードローン

審査が早い

最短即日審査です。(平日営業日審査)

WEB完結

ほぼ365日24時間申込がWEBだけで完了できます。

口座開設不要

銀行口座の開設をしなくてもOKです。

土日振込融資も可能

ジャパンネット銀行の口座を登録しておけば土日休日も振込融資が受けられます。

ATM手数料無料

全国の提携ATMの利用手数料が無料です。

原則使途自由(※)

おまとめや、借換にも利用できます。(※)ただし、事業性資金にはご利用いただけません

低金利

実質年率3.0%〜17.8%。100万円未満でも12.0%〜17.8%です。

もっと詳しく解説

楽天銀行スーパーローン

審査が早い

最短即日審査です。(平日営業日審査)

WEB完結

ほぼ365日24時間申込がWEBだけで完了できます。

口座開設不要

銀行口座の開設をしなくてもOKです。

低金利

年1.9%〜14.5%の低金利

もっと詳しく解説

充実したポイントプログラム

利用残高に応じて楽天スーパーポイントプレゼント。

原則使途自由

おまとめや、借換にも利用できます。(ただし、事業性資金にはご利用いただけません)

借り換えに使えるカードローン比較

極度型のカードローンなので、限度額以内であれば、追加で借りられるので便利。

カードローン名 実質年率 特長
住信SBIネット銀行MR.カードローン 2.49%〜7.99% 最短60分審査
じぶん銀行カードローン 2.4%〜17.5% 最短即日審査
オリックス銀行カードローン

おすすめ!

3.0%〜17.8% 最短即日審査
イオン銀行カードローンBIG 3.80% 〜 13.80% 即日審査
みずほ銀行カードローンエグゼクティブプラン 3.0% 〜 7.0%(*) 最短即日融資
楽天スーパーローン

おすすめ!

4.90%〜14.50% 500万円までおまとめ・借り換えOK!
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック 1.8%〜14.6% 最短30分審査
三井住友銀行カードローン 4.0%〜14.5% 最短30分審査

(*)本カードローンの利用店での住宅ローンの利用でみずほ銀行カードローンの基準金利から金利を年0.5パーセント引き下げます。

借り換え専用カードローンお勧めランキング

銀行のカードローンが使えなかったら、借り換え専用のカードローンがお勧めです。総量規制の適用を受ける貸金業者のカードローンであっても、「借換え目的」であれば総量規制の例外として借りることができます。

カードローン 実質年率 借入限度額 返済回数
アコム「借換え専用ローン」 1万円〜100万円未満は7.7%〜18.0%100万円〜300万円は7.7%〜15.0% 1万円〜300万円追加融資は受けられません 2回〜162回元利均等返済方式
プロミス「おまとめローン」 4.5〜17.8% 1〜500万円追加融資は受けられません 1回〜120回元利定額返済方式

アイフル「かりかえMAX」
(アイフルが初めての方のみ)

12.0%〜17.5% 1万円〜300万円追加融資は受けられません 最長10年(120回)元利定額返済方式
アイフル「おまとめMAX」 12.0%〜15.0% 1万円〜300万円追加融資は受けられません 最長10年(120回)

*元利均等返済方式(元利定額返済方式)=毎月の返済額が一定で、そのうちの元金と利息の割合が変化していく返済方法。元金の割合がだんだん増加し、利息の割合がだんだん減少していく方法

ページ上へ戻る

カードローン借り換えのメリット

元金の減額
低金利のカードローンで借り換える最大のメリットとは、元金の減額の割合がどんどん増えていくことです。
毎月の支払い額を以前の支払い額と同じにした場合、金利の低いカードローンに借り換えることで、利息以外の部分は元金に充当されるので、どんどん元金の減額ができるというわけです。これは、元金の減額も金利による計算がされるためです。
こうして毎月の元金の減額高がどんどん増えていくことになり、以前の金利のときに比べて元金の減額が増えていくため、早く完済することができます。
これは極端な例ではありますが・・・
100万円を金利17.8%で借り入れした場合、1カ月分の利息は1万4630円
ここで、毎月の支払い額を2万円とした場合、元金に充当されるのは、2万円−1万4630円=5370円
支払い月額の26.85%しか元金に充当されない。
これを金利3%の低金利で借り換えた場合、1カ月分の利息は、2466円
ここで、毎月の支払い額を同じく2万円とした場合、元金に充当されるのは2万円−2466円=1万7534円となり、支払い月額の87.67%が元金に充当されることになります。金利17.8%の場合のほぼ3倍が元金に充当され、大幅に減額されることになります。
ローンの一本化
複数あった借入れ先の債務を一つにまとめて返済していくこともでき、返済の煩わしさが無くなります。
借入れ先がたくさんあると、それぞれに金利も月々の返済額も返済日も異なってくるので、返済の管理が大変です。また、自分の借金がどれくらいなのか判りにくくなります。
カードローンを借り換えることにより、返済の管理がしやすくなり、現時点で自分の借入れ額がどれくらいなのかが明確になるので、今後の返済計画も立てやすくなり、さらにその後の返済目標なども立てやすくなります。
複数の金融機関からの借り入れがあると、返済の支払い忘れなどもあり、払い忘れた場合は延滞金もかかってしまうので、余分な利息を支払わなければなりません。
カードローンを一本化することで、低金利に切り替えることもでき、月々の返済利息を減らしていくことも可能です。
(ただし、おまとめ専用ローンは、すでに借りている金額だけの借入のみで、追加の借入ができないので注意しましょう。)
支払い忘れの防止
借り換えカードローンのなかでも、借金の支払い先を一本化すれば、支払い日を月一回にすることができるので、うっかりと支払い忘れをしてしまうこともなくなります。
支払い日を忘れて後日支払った場合は、延滞金を余分にとられてしまいます。そして、延滞金は遅れた日にちごとに加算されていくので、支払いを忘れるほどにムダな出費が増えていきます。
延滞を繰り返してしまうと、延滞金が取られるばかりではなく、新たにローンカードの枠内でお金を借りようとしても、返済が確認されるまでは借りられない場合があるので注意しましょう。
さらに、延滞が個人信用情報に記録されると、その金融機関で新たにローンを利用しようとする際、審査の面で不利になってしまいます。
家計の経済状態が苦しいという場合にカードローンを利用する事も多いでしょう。そのようなときに、返済の支払い忘れによる延滞金などムダな支出は防がなければなりません。そのためにも、ローンを一本化することはたいへん意義があります。
また、ローンを一本化することで、返済日のほかにも、それぞれ金融機関で異なっていて把握しづらかった金利や返済額なども一つだけ覚えればよくなるので、管理もたいへん楽になります。

ページ上へ戻る

2016年3月からは住宅ローン借り換えのチャンス!

2016年1月29日に日本銀行が日銀金融政策決定会合でマイナス金利導入を決定をしました。これは民間の銀行が日銀へお金を預ける際に、その一部にマイナス0.1%の金利が課され、民間の銀行は日銀へ金利分を支払うと言うことなので、私たちの預金に関しては金利がマイナスになると言う事ではなく、実際は限りなくゼロに近い金利となりつつあります。それに伴い、住宅ローンを取り扱っている各銀行では住宅ローン金利を引き下げる動きが出てきました。これは住宅ローン借り換えのチャンスと言えるのではないでしょうか?
マイナス金利とは?
その名の通り「金利がマイナス」になることです。2016年1月に日銀が決定したマイナス金利は-0.1%ですので、例えば100万円を預金金利が年+0.1%であれば1年後には利息が1,000円付く事になり、合計で1,001,000円となりますが、マイナス金利はその逆になります。 100万円預けていても1年後に1,000円の手数料(プラス金利の場合は利息)を支払うことになりますので、預けていた100万円が999,000円に減ってしまいます。 つまり、お金を預けているのに、利息が付かず、逆に手数料を取られるということになります。逆に視点を変えてみると「お金を貸して利息を取れる」ということは「お金を借りて、手数料を受け取れる」ことになります。
住宅ローン借り換えの検討する価値アリ!
住宅ローンは初期の借入金額が他のローンよりも比較的に高い傾向があります。マイナス金利を受けて、10年固定金利は1%を割るようになり、これは金利が1%違うだけで住宅ローンの残高によっては利息も大きく違ってくることになるので、金利の高い住宅ローンを借りている方はローンの借り換えを念頭に見直してみるいい機会かもしれません。またこれから住宅ローンを組もうと考えている方で、ある程度の頭金を貯めていた方には結構いい機会だと言えます。 次のポイントに当てはまる方は、住宅ローン借り換えの試算をしてみてはいかがでしょう。試算をしてみて月々の支払いが安くなれば、現在支払っている金額なら払い終える期間が短くて済む事にもなります。また借り換えには諸費用が発生する場合も有るので、総合的にどれだけお得になるのかしっかり確認するようにしましょう。
住宅ローン借り換えのチェックポイント
  • 住宅ローンの残高が1,000万円以上ある
  • 返済期間の残りが10年以上ある
  • 現在の住宅ローンと比較して、借り換えるローンの金利差が1%以上ある
借り換えした人も対象になる「住宅ローン控除」
住宅ローンの借り換えをすると、「住宅ローン控除が受けられない」と思っていませんか? そんなことはありません!借り換えをしても控除は受ける事が出来ます。 ローンの残高によって対象金額が微妙に違ってきますが、銀行から証明書を出してもらえば、 通算10年間控除を受けることができます。 借り換える前のローン残高と借り換え後のローン残高で案分計算すると言う方法があるので、 銀行に聞いてみましょう。
金利過去最低で住宅ローンの借り換え、3.6倍に急増
2016年3月大手銀行6行への住宅ローンの借り換えの申込件数が計約2万3600件となり、前年同月の3・6倍に増えました。日本銀行がマイナス金利政策を導入した2月は前年同月の1・8倍でしたが、ローン金利が過去最低水準に下がり、申し込みが急増しているようです。 4月には10年固定に関しては若干金利が上がりましたが、それでも1%を切った低金利となっています。15年固定での金利変動はありませんでした。 もし現在月々の支払額で苦しくなければ、月々の支払額を維持したままで低金利ローンに借り替える事が出来れば、返済年数を短縮できることになります。 また、差額分を繰り上げ返済用に貯蓄しておけば何か有った時の場合も安心ですし、繰上げ返済が出来た場合は返済期間の短縮と月々の返済額も減額できるでしょう。
借り換えでこんなに得をした一例
住宅ローンで金利を含めて4000万円程借りている方がこのマイナス金利を受けて、住宅ローンの金利が大幅に下がったと言う話を聞き、低金利の住宅ローンに借り換えて見ようと見積もりを行ったところ、返済期間が残り22年だったものが、返済期間が15年になり、毎月の返済額まで2万円も減りました。借り換え手数料を引いても総額で440万円も得になったそうです。これは逆に考えれば15年で440万円を貯金出来た事になり、現在の低預金金利ではとても大きいと言えます。 住宅ローンでは借入金額がとても大きいので、より低い金利のローンに借り替えればお得感も大きいのですが、他のローン借り換えでも同じ事が言えるでしょう。 マイカーローンや教育ローン、複数の賃貸し業者から借りているローンなど、ある程度まとまった金額になるローンは借り換えを検討してみる時期になって来たと言えるでしょう。 シミュレーションをしてみて月々数千円でも負担が軽くなるのであれば検討する価値は充分あるといえます。何しろ貯蓄をしていてもATMを使ったら使用料を取られて結果貯蓄もマイナス金利状態になっている今日ですからね。

ページ上へ戻る